トップページ > お知らせ、園内の様子 > 履物をそろえる
年間行事

履物をそろえる


 

島根保育園で大切にしていることの一つが「履物をそろえる」です。

園では自分の履物をそろえることはもちろん、友達の履物が乱れていたら、それもそろえるようにしよう。そして、家に帰ったら、自分の靴はもちろん、家族の靴もそろえるようにと伝えています。

 

これにより、履物がいつも綺麗に揃っているようにしたい。そんな思いで取り組んでいます。

 

履物をそろえることは、物事の後始末をきちんとすることです。立ったら椅子を中に入れる。出したものは元のところにしまう。開けたものは閉める。などなど同じことです。後始末の習慣をつけることです。

 

これができないと締まりのない生活になるといわれます。履物をそろえることで、後始末がきちんとできる良い習慣を身につけたいものです。

 

ご家庭でも、履物をそろえることに、家族で取り組んでいただけると、子供にいい習慣がつくものと思います。口うるさく言うのではなく、黙ってそろえておく。

それをいつも見ていると、そろっていないことはおかしいと思い、そろえるようになると思います。

 

どこの家庭に行っても履物がそろっている。そんな社会であるといいと思います。

最後に以下は子供たちが唱和している詩です。

 

 

「履物をそろえる」

履物をそろえると 心もそろう

心がそろう時は 履物もそろう

脱ぐ時にそろえておくと

履く時に心が乱れない

誰かが乱しておいたら

黙ってそろえておいてあげよう

そうすればきっと世界中の人の心もそろうでしょう

 

ページのTOPへ

園の1日